MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

冬期制作スタート! ジニアス井村のチーム結成

2008年12月10日 | ゲームプランナー学科


冬期制作チーム結成

ども、ティーチャーKこと小宮です。
東京校では、冬休み前の課題に対してバタバタの追い込みの中
2月末に向けてゲームを制作(3月には春季制作発表会だねぇ)する、
1年生の冬期制作のチーム結成が行われました。

共同制作のアイドル、スター中村も健在ではございますが
冬は、様々な企画ディレクター学科の学生に書いてもらうことにします。

今日は、ジニアス井村の登場です。
ジニアス=天才 あるいは 人と違った感性、才能を有する者。
       場合によっては、色々やらかす奴。
さて、ジニアス井村は、いったいどれでしょう?(笑)
では、宜しくお願いします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◆ジニアス井村のチーム結成

はじめまして! そうでない方はこんにちは。
ゲーム企画ディレクター学科のジニアス井村と申します。

話とはあまり関係ないけど、セロテープは素晴らしいと思いませんか?
私は、セロテープに無限の未来があると考えていまして。
夏期制作で作った私のゲームにもセロテープを登場させました。
発電機を直す万能修理道具という設定で。

「普通の人はそんなこと考えないだろう!」と
付いた名前が「ジニアス」。頭がフッ飛んでいるともいいます。
入学希望者の方々や、来校してくださった方々には
私や企画のクラスメートから詳しいお話が聞けると思いますので、
気になる方はぜひぜひ学院に足をお運びください!(無理矢理PR)

さて、今回は「チーム結成」について話をさせていただきます。
学院では、一年に二度ゲームを作る機会があります。

ひとつは夏期制作。スター中村が皆さんにお伝えしてきたとおり、
今年も暑い夏が過ぎてゆきました。
そしてもうひとつが、今回私たちが取り組む冬期制作。
ゲームは、基本的には一人で作ることができないもの。
夏期制作とはまた別にチームを組む必要があり、
なおかつ全員の前でプレゼンする機会がない今回の制作では、
ゲームの面白さを最大限伝えるべく企画書を書いて
各学科の学生に直接話しかけ、プレゼンするのです。
冬期制作は就職につながるので、全員必死になってチームを組みます。
たぶん。

うーん、難しいんですけど、何かに例えるなら
「あと1ヶ月で8人の部員を集めないと廃部になってしまう野球部主将」
……みたいな心情で。

私も例に漏れず、学院祭が終わった頃アグレッシブに動きました。
今回私は「島を走り回る」3Dのゲームを作るつもりなので、
島の全体図と細かい解説をA4用紙に目いっぱい描き、
企画書と一緒にデザイナーとプログラマーに見せに行きます。

その結果……
企画を気に入ってくれたデザイナーのS君とKさん、
プログラマーの藤本君(ブログにも登場しています)とで
無事チームを組むことができました!
チームのみなさん、よろしくお願いします!

今日のチーム結成を待たずチームメンバーが決まった私。
ここはやっぱり、企画としてゲームの全体像を伝えるのが筋だろうと
今までミーティングを重ね、作った資料や仕様書をすべて渡しました。
最初にゲームの核を細かく考えておくと後が楽なので、
ゲームの中で一番楽しんでもらいたいキャラクターが走る部分から
仕様を固めていくことにし、ガリガリとパラメータも設定。
苦労の甲斐あって、今はかなり細かくゲームを考える段階にきています。
春季制作発表会では、みなさんに面白いゲームをお届けできるよう
精一杯がんばりますので、応援よろしくお願いします!

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

AMG冬フェス2019

12/14(土)・22(日)

AMG冬フェス2019

12/14(土)・22(日)