⇒5/26更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

ゲーム企画ディレクター学科のアナログで遊べ!! 第一回「カタンの開拓者たち」

2015年11月18日 | ゲームクリエイター学科

執筆:
ゲーム企画ディレクター学科1年 小林響

ボドゲロゴ

みなさん初めまして!楽しく素敵なゲームライフを送っていますか?
いる人は大変けっこう!
いない人は……遊びましょう!!人生を!!

私たちゲーム企画ディレクター学科の生徒たちはゲームの「おもしろさ」を生むため、日夜ゲームの研究をしています。してはいますが……このご時世、ゲームといえばやはりデジタルゲームが主流になってしまう(そもそもそれを作る学校なのは置いといて…)のは致し方ないところ。
しかぁし!ゲームとはデジタルのみにあらず。アナログゲームにはデジタルに勝るとも劣らない魅力がぎっしり詰まっていると思うわけです。

そこで発足したのが本企画「ゲーム企画ディレクター学科のアナログで遊べ!!」です!
本企画では不定期でボードゲームを実際に遊んでみて定石や意図の研究をしていきます!
お送りするのは企画科の以下のメンバー!

ボドゲメンバー

小林(以下ヤシ)「ボドゲ、やるぞー!!」
「「「おーーーーーーっ!!!!」」」

さてそんな記念すべき第一回に遊ぶのは「カタンの開拓者たち」です!

■「カタンの開拓者たち」!!
IMG_0447IMG_0448

ボードゲーム好きには説明いらずの定番中の定番!
さてこの「カタンの開拓者たち」、どんなゲームなのか簡単に説明しますと、プレイヤーは未開の島の開拓者となり都市を発展させていき、最もはやく勝利点を10点獲得したプレイヤーが勝者となるダイス・ゲームです。
大きな特徴として、パネルとダイス番号を毎回ランダムに組み替えることでゲーム枚に違う盤面が構築される点がおもしろい!

■ゲーム開始!!
IMG_0450

ヤシ「早速始めようぜ!」
ということでカタン島を構築開始!順番を決めて初期配置はこんな感じになりました!

阿部(以下アベツ)「開拓地に隣接してる番号が出ると資源カードがもらえるのね」
中野渡(以下タクマ)「この黒いコマは?」
ヤシ「それは盗賊だね。そいつがいるところからは資源カードが獲得できなくなる」

それでは準備ができたので、いざゲーム開始!
ゲームは手番のプレイヤーがダイスを2つ振って出た番号のパネルに対応した資源カードを獲得しながら進みます。すると……
萩原(以下ハギー)「一周しても手札0枚なんやが…!?」
ヤシ「あー…ハギー4、6、12に開拓地を置いてるからね」
アベツ「これ初期配置重要だね」

ダイスゲームの常として、やはり出やすい目というものがあり、カタンにおいても6番と8番は赤字で表示されるほど重要な番号。初期配置のうちにそのどちらかを抑えるのが重要ということが早くも判明!

しかし出目に偏りが出るのもまたダイスゲームの常。
ハギー「ダイス……5!」
ヤシ「5はタクマしか得しないんだから出すなって!!」
タクマ「おれなにもしなくても手札増えるんだけど(笑)」
などと盛り上がりを見せます!

IMG_0454
▲ダイスで出た番号に対応して資源がもらえる。この手札を使って開拓地を立てたり交渉を行ってゆく。

■立ち回り…!!
IMG_0451

さてゲームが3巡4巡すると手札が潤沢なタクマがリード。
ガンガン交渉をしかけチャンスカードを引いていきます。
カタンにおいて特にアツいのがこの交渉のルール。自分と相手の手札の交換を好きなように持ちかけることができます!
また資源を払って引けるチャンスカードは盗賊を動かす「騎士」や好きな資源を獲得できる「収穫」など、
立ち回りのアクセントに。
交渉を持ちかけてお目当ての資源を獲得してから「騎士」カードで渡した資源を回収……うーんアツい!!このアツさには
思わず某カードゲーム漫画の台詞が飛び出すほど!

IMG_0452

アベツ「リバースカードを一枚セット!おれはターンエンドだ」

また立ち回りにおいて重要なのがダイスで7を出すと行われる「盗賊の活動」。手札が8枚を超えている場合半分捨てないといけないほか、盗賊コマを動かすことで他人の妨害ができます!そのためあえて手札を減らす交渉を持ちかけることも……!!

■交易路合戦!!
IMG_0456IMG_0457IMG_0458

試合展開を大きく左右するのが「最長交易路」と「最大騎士力」という称号点。なんとそれぞれ勝利点2点!特に最長交易路は条件の街道を作りやすいため取り合い必至!
ヤシ「ええー交易路分断されたんだけど!」
ハギー「こうぐるっとつなげば……」
本ゲームでも分断しあい、ぐるっと距離を稼ぐなどをして熾烈な取り合いに…!

■終盤……そして決着!!
IMG_0466IMG_0465

さて、盤面も開拓がすすみゲームも終盤!
点数で大きくリードしていたタクマをアベツが追い上げる!
筆者(ヤシ)も開拓地をどんどん都市に進化させて追い上げを試みるも……

ここでアベツが「独占」のカードを使用!全員から小麦カードを独占!
IMG_0463
潤沢な手札を使い一気に追い上げ、10点を達成!

IMG_0467
勝者、アベツ!!

白熱した駆け引きもあってここまでのプレイ時間はおよそ1時間30分!
そして楽しくプレイした後は分析!
アベツ「初期配置のときに港おさえちゃうの強くない?」
タクマ「資源のバランスがいいね。5種類それぞれの用途がばらけてて。」
ヤシ「序盤にどれだけ街道を立てるかで終盤の伸びが変わる気がするね」
等々、別の手を試したくなる満足感の高いゲームでした!

このように「ゲーム企画ディレクター学科のアナログで遊べ!!」では、不定期でボードゲームのプレイ・考察記事をお届けしてゆきたいと思います!
今週は単純なルールで奥深いボードゲームの定番、「カタンの開拓者たち」でした!!

~プレイを終えて~
ヤシ「ちなみにカタンはローカル・ルールが作りやすいのもおもしろい点だね」
ハギー「ほうローカル・ルールとな」
ヤシ「殺意(バトル)カタンってのがあってね」
ハギー「……はい?」
ヤシ「殺意カタン」
ヤシ「最大の特徴は30分で終わることだね。やってみる?」
IMG_0468

「「「すげぇ!!ほんとに30分で終わった!!」」」

どんなアレンジか気になった人はぜひ企画科を訪ねてみては?
以上!ゲーム企画ディレクター学科のアナログで遊べ!!でした!

☆随時体験説明会を開催しています!☆
→体験説明会参加はコチラから

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる