⇒7/17更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

週刊ディレ通14/11/27号

2014年11月27日 | ゲームクリエイター学科

 

 logo_141128 

 

こんにちわ!

青森から来た新種の生き物、くぼぼぼです!

今週号は大ボリュームでお届けします!!

ディレ通では、今回からクロスレビューを毎週掲載します!

今回は取り上げるゲームは人気沸騰中のスマホアプリ「テラバトル」です。

クロスレビューの他に新企画「ディレ通メンバーの思い出の一品」もお楽しみください!

それではまず初めにクロスレビューから!

 


kurosu
mii_sw 松本課長ガチャガチャマンになってたけど可愛い女の子当たったから本気出す!という感じで楽しくプレイしてます。はさむと言うだけでも奥が深い・・・ダウンロードスターターの一体感がイイネ!もっともっとキャラ集めて女の子PT作るんじゃ!  
mii_hk くぼぼぼ基本ルールが敵を挟む!とシンプルなのにチーム編成や戦略を考えなくては強い敵に勝つことが難しいです。でもそこが面白い!仲間になるキャラクターたちがとても魅力的で、カワイイキャラが当たった時はついついずっと画面を眺めてしまいます。 osusume
mii_sk アニマル♥小林ストーリー・音楽・絵がどストライクだったので、サクサクっと五章までクリア!ただ、それ以降のステージは若干の作業感が見え隠れ(早送り機能が便利)。と、言いつつも物語りの真相が知りたいので10章をトカゲ族のピッツファー(やっぱ動物)と共に進行中。ファンタジーRPG・パズル好きにお勧めです! osusume
mii_tk とよえもんいい意味で、非常にボドゲライクなゲームと感じました。挟み将棋を元にしているため、戦略性は勿論、基本操作がイメージし易く、非常に遊びやすい印象を受けました。また、世界観も重厚なファンタジーを基にストーリーが描かれており、RPG好きにお勧めです。 osusume

 

続いて新企画、【ディレ通メンバーの思い出の一品】です。

memory

このコーナーでは、ディレ通メンバーの心に刺さった思い出深い作品をインタビュー形式で紹介します!

今回インタビューするディレ通メンバーはアニマル♥小林!

アニマル♥小林の思い出の一品は…

「チョコボの不思議なダンジョン」と「ジャンピングフラッシュ!アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」です。

まずは「チョコボの不思議なダンジョン」を紹介します!

03

↑久しぶりにゲーム画面と対面し、感動するアニマル♥小林

  ―――このゲームと出会ったきっかけは?
mii_sk80 アニマル♥小林僕が小学一年生の時は、コンビニでゲームが売られてたんですよ。そこで色々なゲーム見てて、パッケージの可愛い黄色の鳥が目に写って・・・その時衝撃が全身に走ったんです!!こんなに可愛い絵が描かれているゲームなら、クリア出来ると!(笑)
  ―――確かに黄色い鳥(笑)可愛いですね!
  ―――なぜこのゲームが思い出の一品なのですか?
mii_sk80 僕が初めてお小遣いをコツコツと貯めて購入したゲームだから(キリッ)小学一年生の僕には思ったより難しくて1ステージしかクリアすることが出来なかったですけどね!今改めてプレイしてみると、キャラクターが可愛い上でゲーム性、ストーリーが噛み合っていて凄く楽しい作品だなぁと思えます!
  ―――自分が初めて購入したゲームって今でも忘れられないですよね!

 

続いて「ジャンピングフラッシュ!アロハ男爵ファンキー大作戦の巻き」をプレイして貰いました!
02

↑ゲームにすっかり元気づけられたアニマル♥小林

アニマル♥小林さんありがとうございました!

 

 

続きまして・・・

 

 

 

【今週のゲーム企画ディレクター学科の近況】のコーナー!

それでは、ここからはシャトウが担当します。

冬の共同制作の企画書が、ついに出来上がりました!

01

いやー・・・間に合ってよかったです。(汗)

プランナーとして、想像した内容を企画書として作っていく感覚は、とっても楽しい時です。

企画書を作る時も、

「こんなゲームが作りたい!」「これはきっと面白いだろう!」

といった感じで、皆がイキイキと楽しく作っていました!

・・・が。

AMGでは、4人の先生方から厳しいチェックを受けてサインもらわないと、共同制作で作ることは出来ません。

「楽しそう!」だけで考えるのではなく、「ちゃんと論理的に楽しいかどうか」が大事なのです!

夏の共同制作では、2Dアクションゲームを制作し、

今回の冬は、3Dアクションゲームの制作になるのですが、

3Dゲームならではの面白さを追求しなくてはならないため、

2Dゲーム制作の経験しかない僕らにとっては、やや想像が難しく、作りにくかった感じがありました。

そのため、4人の先生方からは・・・

「これ、どこが面白い所?(暗黒笑)」

「制作の負担が大きい!」

「これ、とある状況だとどうするの?ゲーム的に破綻しないかい?」

「グラフィックの使用量が多くならないかー?」

「3Dらしくない!考え直し!」

「直球の面白さで勝負せんかいッ!3Dに関係ないような変化球の面白さで勝負するな!」

・・・OTL

しかし!僕らには夏で鍛えられた鋼の精神があります!

だからめげずに、ここまで頑張って、企画書を作り上げました!

・・・ええ、いや、でもね?まだ企画書の段階ですから。(笑)

これから仕様書やら、プログラマーやグラフィッカーの人にゲームを説明するプレゼンやらやら・・・

実際にゲーム制作していくのは、まだまだ先です。

でも、プランナーとして準備していく感覚、未知なる道のりを用意する感覚が、また楽しいんです!

この感覚は・・・そうですね。RPGでとあるダンジョンを攻略する際に、良い宝箱は取れるようにし、

強い敵やトラップは避けられるルートを考えるようなものです!(分かりにくい)

ではまたお会いしましょう!今回はシャトウが担当させていただきました!

【今週のシャトウのダジャレ集】

①お菓子を渡す時。「え?チョコほしい?じゃあ、チョコっとなら・・・」

②20日の雨の日にて。「傘は傘ん!!」

③時が過ぎるのが早いと感じた時。「もはや夏が夏かしい」

④ゲームを買うお話の時。「お金はおっかねぇー」

 

☆随時体験説明会を開催しています!☆
【東京校】→体験説明会参加はコチラから

【大阪校】→体験説明会参加はコチラから

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる