⇒6/23更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

講談社「月刊アフタヌーン」編集部とのタイアップカリキュラム!(3)

2011年9月28日 | マンガイラスト学科

すっかり秋めいてきましたね。いやあ、涼しい。
皆さまはお風邪など召していませんでしょうか。
ひらこです。こんにちは|д・) スッ

数々のヒット作を送り出している
講談社「月刊アフタヌーン」編集部のご協力で
進行中のタイアップカリキュラム、第3回!
今日は「ネーム検討会その2」です。
編集長、編集部の皆さんが、マンガ学科の在校生・卒業生の作品を
直接指導してくださっていますが、
第2回講義(ネーム検討会その1)の後、ネームを修正して再提出して、
もう一回話し合おう!ということになっていたのです。
ということで、修正ネームを元にした、ネーム検討会その2。
ご多用な中、吉田編集長がお越しくださいました。
いつも本当にありがとうございます。

さて、詳細な講義レポートは学院ホームページにアップしますが、
まずはこちらのブログでご紹介します!

01.jpg

今回も、まるで会議室のような雰囲気になっています。
お互いの顔を見ながら、単なる批判ではなく、
作品をもっと面白くするために大事だと思う意見を交換する。
前回の講義と同じですが、
今回は一度修正したネームを元に話し合うので、
大幅な変更ではなく、細部や演出について話し合います。

02.jpg

最初のネームを直すとき、一体どんなふうに考えたのか?
まったく違う話に見えるほど変えた人は、何故そうしようと思ったのか?・・・・・・
まずは描いた本人が、自分の考えを言葉で伝えます。
それも踏まえて、今度は皆の意見を出し合います。

03.jpg

そうそう、もっと面白くしよう!という話し合いは、
キャラクターデザインでも大事なことです。
「脇役のデザインに凝ってるのがすごい」
「これ、フードなの?宇宙服のヘルメットみたいだよね」
「コノヤロー!って気迫のせいで、パリンって割れたりして(笑)」
ただ面白がっているのではなく、
読者にはどう見えるのか?という視点の転換にもなりますね。
聞いていると面白くて、ついつい笑ってしまいました。
受講していない学生たちが、隣の教室で作品制作していましたが、
「いいなあ、ああいう話し合いって大事だよね」
「次にチャンスがあったら受講したいな」
などと話していました。

真面目な話はもちろん、現在アフタヌーンで連載中の作品について、
裏話も聞かせてくださいました。

04.jpg

そんなことがあったんですか!?
(どんなお話だったかは、秘密です。)

月刊アフタヌーン編集部の吉田編集長、
今回も本当にありがとうございました!

さて、次回は下描きのチェックです。
皆、丁寧に下描きしようね!
またレポートしますので、次回もお楽しみに!

☆東京校 体験説明会、平日の学校見学などのお申込みは
 →こちら!

☆大阪校 体験説明会、平日の学校見学などのお申込みは
 →こちら!

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる