MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

1年生の夏に、大手ゲーム会社の方々が作品アドバイスを送る意味。

2017年9月20日 | キャリアセンター

学院ニュース記事としても掲載していますが、9月6日(水)~8日(金)にゲーム関連学科1年生の夏期共同制作発表会が行われました。

 

来校したゲームクリエイターは(五十音順で)

アークシステムワークス株式会社、株式会社アルファドリーム、株式会社ウィンライト、株式会社エイティング、株式会社角川ゲームス、株式会社サイバーコネクトツー、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社セガ・インタラクティブ、株式会社セガゲームス、

株式会社バンダイナムコスタジオ、株式会社ユークス 他のベテランクリエイターと

学院一期生 アークシステムワークス株式会社 取締役『ギルティギア』シリーズ ゼネラルディレクター 石渡太輔さんを筆頭に、ゲーム開発の現場で大作のディレクター、メインプログラマーなどゲーム業界最前線で働くOBも連日来校。(3日のべ23名)

夏期共同制作発表会レポートを見る

1

 

入学5か月の未経験者が、アドバイスに値するゲームを作り上げたからこその貴重な機会だったと思います。

また、この際にコメンテーターからはプログラマーとして、デザイナーとして、プランナーとして気にしている部分も質問され、生きいきと返答していました。

実は、この質疑応答を何度も繰り返すことが、就職活動の際に効果をもたらします。

自分自身の考えを的確に伝えることは簡単ではないですし、ましてや憧れのゲームクリエイターを前にして緊張しないわけがないです。

で、これが、就職試験の場で初めてだったりすると…考えるだけで恐ろしい(笑)

 

アミューズメントメディア総合学院では、学内でプロの方に作品を見てもらう機会が本当に多いと思います。

ゲームの夏期共同制作に続く、アニメーション学科、アニメ・ゲーム3DCG学科のアニメーションやCGムービーの発表会にも、最近の大ヒット作の監督がずらり。

(お一人は、たまたま遊びに来ていた人気声優の初主演作の監督。学院での再会を驚いていました)

今週末、9月21日~24日には、東京ゲームショウに2年生が開発したVR作品を展示。

東京ゲームショウ情報はこちら
2

 

月末には、デザイン系の学科の作品展示“ポートフォリオ展示会”が

そして10月20日(金)21日(土)には、学院祭が待っています

(昨年度のゲーム、アニメ関連クリエイター来校350名)

学院祭特設ページはこちら

 

常に制作と発表を本気で行うアミューズメントメディア総合学院

だからこそ、就職実績ナンバー1を誇れるのだと思います。

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる