キャラクターデザイン学科 カリキュラム

AMG のキャラクターデザイン学科なら
本当になりたかった自分を見つけられる!

キャラクターデザイン学科には、多種多様な「絵が好き」という個性“原石”を持った学生たちが集まってきます。そんな学生たちを、2年間で「クリエイター」として磨きあげ、そして、「長く業界で活躍ができ、生き抜いてゆける」人材“プロ”を育てあげます。

仕事として食べていくためには、継続的に複数の案件を受けられることが必要です。
イラストレーターとなり、より多くの仕事を得るためには、「長く続ける」ことも重要になってきます。
好きなことを仕事にして、一生涯イラストレーターとして活躍していくことを教育目標にかかげている
キャラクターデザイン学科のキャリアパスは、クリエイター・イラストレーターとして多方面・他分野に渡ります。

  • case01 在学中デビュー → 卒業 →  フリーのイラストレーター 「産学共同カリキュラム」「編集部批評会」でのデビューを皮切りに、フリーランスとして様々なジャンルで活躍。中には、シリーズものを長く手がけたりゲームのキャラクターデザインを一手に任される卒業生も。
  • case02 在学中デビュー → 就職・卒業 → フリーのイラストレーター フリーランスでのお仕事は、きっかけやチャンスも大きくかかわってくる為毎月コンスタントに仕事を得られる保証があるわけではありません。イラストレーターやデザイナーとして企業で経験を経た後に独立してフリーランスで活躍しています。
  • case03 在学中デビュー → 就職・卒業 → クリエイターとして企業で活躍 もちろん、フリーランスのイラストレーターだけが絵を仕事にする道ではありません。興味があるジャンルや、憧れの企業で長くクリエイターとしてなくてはならない人材へと成長します。

カリキュラム

1年次には徹底した基礎画力の習得と、応用した表現力の向上をめざし、2年次でデビュー・就職を意識した専門性・エンターテインメント性を高めるカリキュラムを構築。
2年間の課程で確実にプロをめざす実践的なカリキュラムです。

履修科目

1年次講義科目

デジタル・アナログといった表現限定を作らない指導で、人まねではない「オリジナル」の表現確立を目指します。
また、業界の最前線で活躍しているクリエイターの方と接するチャンスを多く設け、
刺激を体感し、クリエイターとしての自覚を促します。

  • キャラクター設定Ⅰ・Ⅱ
    キャラクターの役割や魅力を分析、発案方法や表現方法を学習する。
  • 水彩技法、画材研究、画材研究
    多様な画材体験を通し、自己イメージを表現する技法を習得する。
    ▶ 鉛筆・水彩・色鉛筆・アクリルガッシュ・コピック・カラーインク等を使用
  • CGⅠ・Ⅱ
    CLIP STUDIO、Photoshop、SAIといったデジタルソフトの特性を理解し、彩色、合成、色調補正を中心に学習する。
  • デッサンⅠ・Ⅱ
    基礎となる形の理解と表現技法を学び、立体を把握する力、描写する力を学ぶ。
  • デザイン基礎・デザイン応用
    Illustratorの特性を理解し、ロゴマーク、レイアウト、イラストを中心に学習する。
  • アニメーション演習
    動きの原理を理解し、イメージ・アイディアを表現する力を養うと共に、AfteEffectといった動画編集技術を習得する。
  • エクステンション※
    カテゴリーの枠を越え、クリエイターに必要な思考や技術を習得する。
  • ポートフォリオ制作
    より良く作品をアピールできるよう、ポートフォリオ(作品集)の作り方を学ぶ。

閉じる

2年次専門科目

制作スタイル・将来の進路など、一人ひとりの方向性を考慮し、
専門分野への意識を高める教育を行います。
自分に合う表現方法を探るとともに、プレゼンテーション力を身につけます。

  • キャラクター設定Ⅲ
    発想、感情表現、性格設定を追求し、個性的なキャラクター表現を学習する。
  • キャラクタービジネスⅠ・Ⅱ・Ⅲ
    キャラクターを市場に売り込むためのアプローチ方法とプレゼンテーション方法を習得し、コミュニケーション能力を磨く。
  • CG Ⅲ
    ゲームやアニメ、イラストといった仕事のパターンに沿ったキャラクター創作を中心に学習する。
  • キャラクターデザイン
    キャラクターの持つ特質や効果を分析し、商品化を前提とした企画を実践的に学習する。
  • デッサンⅢ・Ⅳ
    モチーフが存在する状況を空間として把握し、その形態と質感表現を的確に描写する力を強化する。
  • WebデザインⅠ・Ⅱ
    Flash、Dreamweaverの特性を理解し、プロモーション手段としてのWeb構築技術を習得する。
  • 卒業制作Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
    2年間の成果が集約される重要なプロジェクトとして、独自の問題意識、テーマ、展開などを追求する。

閉じる

1・2年次選択科目
  • イラストレーションゼミ
    卒業生クリエイターによる強化ゼミ
  • 夏期制作実習
    企業が直接指導、企画制作を行う

閉じる

エクステンション

  • 1.色彩

    色彩の基礎理解を促すとともに、物質的特性をもつ顔料や染料などの色材についても学習します。

  • 2.パース

    透視図法の理解を重点的に学び、絵画・イラストレーションにおける空間表現・感覚を養います。

  • 3.背景

    遠近法の理解を重点的に学び、風景物・建造物・陰影等を表現する力を育成します。

  • 4.クロッキー

    人物のライン・プロポーションといった一連の動きを的確に表現するためのトレーニングを行います。

  • 5.写真

    カメラが持つ即効性を活用して、画面構成、構図、アングル、フレームといった技術を習得します。

講師は全員現役のプロアーティスト、イラストレーター!

プロフェッショナルとしてクリエイティブの現場で活躍する講師陣。
同じ夢を持ち、常に一歩先を行く、プロからのメッセージを紹介します。

タケヤマ・ノリヤ

タケヤマ・ノリヤ

担当講義

デザイン応用、キャラクターデザイン、卒業制作

学生のうちにできることはまず課題をこなして締め切りを守るくせをつけること、そしてたくさん描くことです。また、外に出て色々なものを見て刺激を受けることをして欲しいです。一つの仕事がつながっていく過程では、人とのつながりというのも非常に大事なので、謙虚な姿勢で時間をかけて挑戦してください。そして、自分が“こうしたい”というのをはっきりと持ち、それを口癖にして具体的に思うと何かが開けてきます。
 
PROFILE東京・新宿生まれ、下町育ち。玩具メーカーにて企画開発、マーケティングを担当。独立後、ソニー・クリエイティブプロダクツ主催、第一回キャラクターコンテスト優秀賞受賞。「宇宙百貨」の雑貨デザインで大人気となる。ディズニー・サンリオとのコラボも多数手掛ける。現在は企画・プロデュース方面でも活躍。2013年、イラストレーター20周年。

メッセージを読む

ほるまりん

ほるまりん

担当講義

キャラクター設定 I・II・III

私達プロは絵を描きます。描きたい物を描くのではありません。見せたい物を描くのです。見せる楽しさの為になら、苦しくったって描くのです。主役は見る人、描く人は脇役に過ぎません。あなたの興味のない物を描かされるかもしれません。あなたの個性やこだわりが軽視されるかもしれません。見せる楽しさを知らないうちは戸惑うかもしれませんが、プロの作ったカリキュラムです。安心して苦しんで(!)下さい。
 
PROFILE専門学校卒業後より、ゲームソフト「メダロット」の開発チームに漫画家として加わり、世界観設定、キャラクターデザイン等を手がける。
翌年から、漫画「メダロット」を講談社コミックボンボン誌上で連載開始。
2015年、ゲームソフト「メダロット9」を発売。

メッセージを読む

両角 潤香

両角 潤香

担当講義

CG III

PROFILE漫画家、イラストレーター。一般企業在職中にデビューし会社と少女誌執筆を並行後、「第2回電撃コミックグランプリ」より少年系に転向しフリーに。電撃系各誌、角川コンプエースの連載やゲームのキャラクターデザイン、ソーシャルアプリ系イラストも経ての現在はマール社より技法書出版も多数手がけている。

メッセージを読む

充実した専門の就職サポート

100人100通りの就職サポート

ゲーム・アニメ・デザイン企業などとの密なネットワークにより、常に最新の求人情報を入手しています。
また、専任の進路指導スタッフが常駐し、就職希望者には担任とともに、きめ細やかなサポートを行っています。

キャリアセンタースタッフ紹介

  • 岩間 理一

  • 早川 大樹

  • 伊藤 成美

  • デビュー・就職実績

キャラクターデザイン学科Q&A

ホントのところどうなの?
「心配…」「気になる!」など良くいただく質問をまとめました。

  • Q1 絵を描くことは好きですが、未経験者で自信もありません。
    ゼロからでも大丈夫でしょうか?

    答えを見る

    専門技術や知識は基礎からしっかりと勉強しますので、ゼロからのスタートでも心配いりません。何よりも必要なのは「描くことが好き!」「上手くなりたい!」という気持ちです。
  • Q2 デジ絵を描いたことがなく、パソコン(PC)に苦手意識が
    あります。

    答えを見る

    もちろん大丈夫です。パソコン(PC)も絵を描くひとつの画材だと思ってください。デジタルもアナログも数多くの技法がありますので、その中から自分にあった描き方を探していくのが一番です。
  • Q3 クラスの雰囲気を教えて下さい。年齢層・男女比率も気に
    なります!

    閉じる

    学院全体では、18~20歳前半の方が多いようですが、最近は社会人経験者や、大学卒業後に入学される方も多くいます。
    キャラクターデザイン学科でも約30%の方が社会人経験をお持ちです。
    男女比率共に、年度によって異なりますが、男女ともにバランスがとれ、明るく和やかな雰囲気のクラスです。
    1学年1クラスの担任制を設けており、学生生活のサポートやお悩み相談までしっかりとのってくれます。
  • Q4 デビューのチャンスはどのくらいあるのでしょうか?

    答えを見る

    書籍や雑誌、ソーシャルゲームのカードイラストといった、イラストのお仕事について様々な企業さんからお話しをいただくことがよくあります。また、学院が行っている「産学共同プロジェクト」では学内でコンペを行いますので、全員にデビューチャンスがあります。頻繁にコンペや作品の提出を行い、選出・デビューというAMG独自のシステムを整えています。
  • Q5 家にペンタブレットやデジタルソフトを持っていません。
    買わないといけませんか?

    答えを見る

    原則として、入学してから高価なソフトや機材を購入する必要はまったくありません。平日9:00~21:00まで通常授業が行われていない教室は、空き教室として開放しています。自宅に機材やソフトがなくても、学校で十分に利用可能です。授業課題、自習、個人制作と、自由に活用してください。