『「小さな one for all」プロモーションマンガ』

facebooktwitter

現役ポストマンであるMass Alert(マサラー)さんの2ndシングル『小さな one for all』のプロモーションマンガが「ケータイ★まんが王国」で好評配信中です!

マサラーPRマンガ_3 マサラーPRマンガ_2 マサラーPRマンガ_1

©SME Records Inc. / E~! / AMUSEMENT MEDIA ACADEMY
(クリックで拡大表示します)

今年100万人以上が涙したあの決勝戦に感動し「究極の友情Song!」を書くことを決意したMass Alert(マサラー)さん。
マンガを担当したE~!くんもMass Alert(マサラー)さん同様友情に厚い男だけに今回の作品にはこれまで以上の想いが詰まっています。
Mass Alert(マサラー)さんとE~!くんの傑作を是非ご覧ください。

初回仕様限定盤のクリアシートもE~!くんの描き下ろしです。
配信同様、CDジャケットにもご注目ください!!

< E~!くんコメント >
学院を卒業して約半年経った頃、今回のマンガの企画を紹介されました。
ソニーミュージック初の新人アーティストPRマンガという、今まで出版社のマンガ雑誌以外知らなかった僕には全く想像のつかない企画でした。

それだけに自分の視野を広げる、将来の仕事の幅を広げる、描いた事のなかったジャンルを描く事で自分のマンガの可能性を広げるという意味でもとても興味が湧き、デビュー前の僕には想像の着かない全四話の短期週刊連載という厳しい日程でしたが「必ずモノにする!」と即決しました。
ですがいざ企画が進行しだすとやはり日程は厳しく、「最終話まで無事終わらせられるのか」と不安とプレッシャーでいっぱいでした。
でも今回の企画に当たる方々の熱心さと学院のバックアップを浴び「自分の為だけではなく、クライアントの方の為だけでもなく、こういった皆さんの為にも必ずややり遂げるんだ」という気持ちと責任感でもって、何とか全四話無事原稿を完成させることができました。

数度の打ち合わせを重ね厳しい日程をこなせた事は僕にとって大きな自信にもなりました。今回の企画に携わった企業の方々、学院の先生方、そして原稿を手伝ってくれた仲間、みなさんにはとても感謝しています。
タイトルにもなった「one for all」という言葉のすばらしさを改めて感じました。

一覧に戻る