株式会社オー・エル・エムに内定した徳原 弘也くんロングインタビュー

facebooktwitter

TVアニメ『ポケットモンスター』シリーズ、『妖怪ウォッチ』シリーズ、さらに『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『無限の住人』など実写映画も手掛ける株式会社オー・エル・エムに、2017年制作進行として内定が決まった徳原くん。
学校での生活や、制作の様子、そして就職活動の状況などを答えてくれました!

株式会社オー・エル・エム様 作品

Q1.アニメーション業界を目指したきっかけは?

中学の頃には将来の進路をふわっと考え始めていました。とあるアニメ作品に出会い、こういう映像作品を作るのもいいなあと思いましたが、その時はただの漠然とした憧れでした。
高校から経済学部の大学に進んだ時、友達は「経済を学びたいからここに来たんだ!」というはっきりとした目標がありました。その時に、ただなんとなく経済学部に来た自分にも、本当にやりたいことがあるんじゃないかと思いました。
そして、昔に作りたいと思ったアニメーション業界に進みたいという気持ちを思い出したのがきっかけです。

Q2.AMGに決めた理由は?

高校の時に、友人がAMGに何度か体験説明会に行っていたので名前は知っていました。
「夢を夢で終わらせない」というフレーズに惹かれたのもありますし、調べていくうちに高い就職実績があったので、ここに決めました。

ロケハンいってきます!

Q3.クラスの雰囲気はどうですか?

大学に行っていたこともあって、みんなより1つ上だったのが若干不安でした。でもすぐに打ち解けられましたね。
クラスには自分よりもさらに年上の人たちも多くいて、最初の頃はその人たちが引っ張ってくれていたと思います。
学校生活もそうですし、授業に対する意欲とか、制作するものの完成度とか…とにかく上の人たちが引っ張ってくれていました。
同じ学年だけど年上も年下もいて、お互いに刺激しあっていける雰囲気なのかなと思います。

Q4.役に立った、印象に残っている講義は?

コンテの描き方をいちから教えてもらった演出の授業です。コンテは映像の素で、それが重要だということはまったく知りませんでした。
でも勉強をしていくうちに、コンテ次第で映像の質や伝え方が変わっていくのが面白いと思えるようになりましたね。
今は海外ドラマや洋画にはまってて、演出の意図がわかったり、ただ観るだけじゃなく自分でも考えてみたりと映像作品の見方が変わりました。

株式会社オー・エル・エム様 作品

Q5.アニメーション制作の思い出は?

最初の制作はつらいという思い出しかないですね(笑)
アニメーターも制作進行も、お互いの立場をわかりあってなくてぎすぎすした雰囲気になる時もありました。わからない事だらけで進めていたので、ミスや間違いももちろん出てきました。
最初は全員が、「ここは誰が失敗したんだ」というような話になってしまいがちでしたが、時間が経つにつれて「このミスは仕方ない、全員でカバーしよう」と作品に対して前向きになっていくのがわかり、それは良かったと思ってます。
あと、個人的には編集の仕事がとても楽しかったです。自分の頭に思い描いたものを、完成フィルムにしていくのが楽しいと感じます。

オーディション・アフレコにも参加

Q6.完成してどうだった?

完パケしたときはすごく嬉しかったです。
夏はコメディアニメの監督をしていたので、上映して観ていただいたときに狙ったところで笑ってくれるのに手応えを感じました。
自分たちは制作期間、何十回何百回とその作品を観ているので、だんだん「本当に面白いのだろうか?」と不安になってしまうのですが、実際に上映会や学祭で初めて観た方の反応を見て、「やっぱり俺たちの作品は面白かったんだな」と実感できました。
視聴者に観てもらうまではどきどきしますね(笑)

監督作品(左)/進行参加作品(右)

Q7.就職活動中の思い出は?

春先は不安で仕方なかったです。先生に書類添削をお願いしても、書いてることは本当に正解なんだろうかと不安でした。
書類で落ちたりもしましたが、その度にへこんでいても仕方ないので、「くそー!」と思って次々と出していきました。
1つの会社の良いところを見つけたらそこが良く見えてしまって他が見えなくなることもありますが、それではダメだと思い、業界という広い視野で会社を見て積極的に応募していきました。
本番の面接はとても楽しかったです。会社の方にも「一緒に仕事をしたいな」と思っていただけるよう、特に楽しく明るく話すように心がけていました。

Q8.内定をもらった時の気持ちは?

面接が終わったとき、自分なりに楽しく話せたので自信はありました。落ちても後悔はないというくらい自分の話をしっかりと出来ました。
その後、電話で内定のご連絡をいただきました。
「ぜひ徳原さんと一緒に仕事をしたいと思います」と仰っていただきとても嬉しかったです!

Q9.アニメ業界でどんな人になりたいですか?

まずは、しっかりと長くアニメーション業界に携わっていきたいと思います。
プロデューサーや、演出などやってみたいことはたくさんありますが、観てくれる人が楽しいと思えるような作品を長く作り続けていきたいです。

カメラを見ると反射的に…

Q10.これからアニメ業界を目指す方へひとこと!

やりたいと思うことは迷わずやった方がいいです。
自分も最初は大学を辞めたいと言った時に親から反対されました。
なので、まずは大学の単位も前期分全部取って、バイトをして学費を貯めて、学校も調べて自分から親に再度話をしました。そうして「そこまでやりたいのなら」と納得してもらえました。
親も心配するからこその反対があるとは思いますが、本当にやりたいことをする時にそれは関係ないと思います。厳しいかもしれませんが「親が反対するから叶えられない」っていうのは甘えだと思うし、自分で切り開いていくことが大事ですし。
自分は「そこまでしてやりたい事」だからここまで頑張ってきたし、これからも努力していきます。今、悩んでいる人もまずは本当にやりたい事かどうか考えてみてはどうでしょうか。
「夢を夢で終わらせない!」

株式会社オー・エル・エム様 作品

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

徳原くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokemon ©2017 ピカチュウプロジェクト 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』©LEVEL-5/映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト2017 『妖怪ウォッチ』©LYW 『フューチャーカード バディファイトX』©相棒学園2017/テレビ愛知 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』©2017映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 『はなかっぱ』©2010 AT/HKP 『ヒミツのここたま』©B/T-CCTM 『ベイブレードバースト』©Hiro Morita, BBBProject, TV TOKYO 『カードファイト!! ヴァンガードG Z』©Project Vanguard G 2016/TV Tokyo 『ポケットモンスター サン&ムーン』©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR KikakucPokemon 『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』©TOMY/ドライブヘッド・TBS 『100%パスカル先生』©永井ゆうじ・小学館/100%パスカルプロジェクト 『プリプリちぃちゃん!!』©篠塚ひろむ・小学館/ちぃちゃんプロジェクト

一覧に戻る