株式会社サンライズに採用が決定した船本 孝治くんロングインタビュー

facebooktwitter

『機動戦士ガンダム』シリーズや、『銀魂』『ラブライブ!』などの制作を手掛ける株式会社サンライズに制作進行として採用が決まった船本くん。
学校での生活や、制作の様子、そして就職活動の状況などを答えてくれました!

Q1.アニメーション業界を目指したきっかけは?

高校生の頃、自分は大学を出て普通に就職するのかなあと漠然と考えていました。
でも、ある日深夜番組でひとつのドキュメンタリーを観ました。それは、日本人女性が外国映画の吹き替え字幕を制作する、というものでした。
その女性は先輩たちにアドバイスを求めたり、苦労したりしながらひとつひとつ字幕を制作していました。そして、実際に映画館で完成した映画を観て、テロップに自分の名前を見つけ達成感を感じる、という話でした。
それを観たときに「自分も何か形に残る仕事がしたい」と思ったのと、人に感動を与えられる仕事が出来たらなと思ったんです。
もともとアニメが好きで、制作進行という仕事を知った事で自分自身その女性の仕事と重ね合わせ、この仕事に就きたいと思ったのがきっかけです。

Q2.AMGに決めた理由は?

アニメ系の学校は何校か見学に行っていました。深夜アニメでCMも観ていて、AMGの名前ももちろん知っていました。
HPを見て、参加してみました。体験の時も、先輩や先生方が楽しい雰囲気を作ってたので、僕もここでなら頑張れるかなぁと思いましたね。
でも、何より一番の決定打は、AMGでの面談の時です。さっき言ったアニメ業界に行きたい理由をちゃんと初めて言葉に出来て、先生に伝えることが出来たんです。
自分自身でも「アニメ業界に行きたいんだ」とはっきり納得した瞬間でした。これがとても大きかったです。

Q3.クラスの雰囲気はどうですか。

めちゃくちゃ楽しいです!最初は教室に入るのも緊張していましたが、たまたま僕の友人と同じ学校の子がいて、そこから打ち解けました。
新入生と先輩で行う茶話会でも、好きなアニメの話などをして盛り上がってすぐ仲良くなりました。

Q4.役に立った、印象に残っている講義は?

アニメ制作の工程を基礎から細かく教わっていった講義です。それを知った上で、自分たちで作っていくのでますます面白くなっていくのがわかりました。
あとは、演出の授業で自分でカメラを持ってロケハンに行くのが面白かったです。構図を意識して撮影するなんて考えたこともなかったので、すごく新鮮でした。
今まで絵を描いてこなかったので、デッサンも動画も自分で形にしていくのが全部楽しかったです。

授業もロケハンもしっかり取り組みました

Q5.アニメーション制作の思い出は?

初めてアニメを作っている間は、「自分って全然ダメなんだなあ」と痛感しました。遅刻があったり、何かミスをして周りに迷惑をかけたりしてしまいました。
その度に周りのメンバーから「次はこうしたらいいんじゃない?」「こうやってみようよ」とアドバイスをもらって前を向いてきました。
だから、辛くても今辞めてしまったらもっと申し訳ないと思って最後まで制作に取り組んできました。
2本目のアニメ制作では、前の反省を生かしてちゃんと自分の意見を伝えることを意識していました。
周りの支えももちろんありましたが、「もっと面白いものを作ろう」という気持ちでずっと制作しましたね。

Q6.完成してどうだった?

完パケ納品したときは「終わった…もうやることはない……」という気持ちでした(笑)
そして、プロの先生方からの講評会でたくさんのお言葉をいただきました。もっとこうしたらいい、もっとできた、と思いましたが、「こんなに短期間で良くここまで作ったね」と言ってもらえて改めて自分たちが達成した事の重みを感じました。
また、学祭などで大勢の方に観ていただく機会もあり、アニメ制作って楽しいなと思えました。あと、その時でも今でも「もっとアニメ作りたいな」と思っています!

船本くんが進行を務めた作品

就職活動の際、先輩にも
積極的に質問していました

Q7.就職活動中の思い出は?

自分の字がとても汚いので、エントリーシートや書類などでミスをしないように慎重に何枚も書きました。やっと頑張って書き上げても印鑑で失敗っていうのもありました(笑)
就活って自分自身の闘いだと思ってたんですけど、友達とアドバイスしあったりして準備物にも力を入れることが出来ました。
担任の先生も、キャリアセンターの先生も面接練習を何度もしてくれたので、自分ひとりでは、結果を出すことは出来なかったなと思っています。
就活はひとりでやるものじゃなく、周りのみんなの支えがあって成し得るものだなと感じます。

Q8.採用決定の時の気持ちは?

電話で連絡をもらいました!嬉しすぎてその時の記憶はあまりありません(笑)
でも、後からアニメ業界に行きたいという気持ちが結果に結びついたんだなとじわじわ実感しました。
同時に、これから憧れの世界で働く社会人になるので、しっかりと気を引き締めないといけないなと思いました。

Q9.アニメ業界でどんな人になりたいですか?

社会人として、ちゃんと人から信頼される人になりたいです。
アニメ業界の中でどんどん上を目指していって、面白いアニメを視聴者に届けたいという想いがあります。

これからも頑張ります!(左)

Q10.これからアニメ業界を目指す方へひとこと!

きっかけはなんでもいいので、自分でこうしてみたいなと思ったことにはチャレンジしてみて下さい。
僕も説明会に来たことで、こんな世界があるんだと知りました。自分の正直な気持ちを抑えて、やりたくない事をずっと続けると後悔してしまうかもしれません。
一度でも自分の足でちゃんと出向いてみて、調べたり感じたりしてみてください。その行動で、人生が変わるかもしれません!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

船本くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ
一覧に戻る